結婚式で花嫁に欠かせないブーケ

結婚式に欠かせない花嫁専用のお花を「ウエディングブーケ」と言います。種類には、優雅なキャスケードタイプ、丸いラインのラウンドタイプ、弧を描くクレッセントタイプ等様々な形があります。ドレスに合った物を選ぶといいでしょう。素材は造花と生花がありますが、やはり生花は新鮮さと香りが魅力です。只、生の場合は 途中でしおれてしまう リスクがあり、季節によって好みの花がない場合があります。造花でもシルクフラワー 等の高級造花は、本物に近い質感があります。結婚式の後も保存しておける利点がありますし、造花ですからどんなブーケの形も 自由自在にアレンジ もできます。 どちらを使うかは、花嫁の好みに任せましょう。

生花のブーケの良さについて

結婚式で花嫁が持つブーケには生花と造花があります。生花の良さは新鮮なお花ならではの雰囲気や形が味わえる点や香りがすることでゲストにも美しさが伝わること、季節ならではのお花を楽しめることなどがあげられます。また、それを押し花にして額に入れて違う形でずっと楽しめる良さもあります。フレッシュでイキイキとしたお花でのブーケは、結婚式で花嫁の美しさを更に引き出せることができます。みずみずしい美しいお花の輝きは、花嫁の美しさにマッチするのです。期限のあるものだからこその繊細さや香り、生きているものだからこその質感は素晴らしいものです。

↑PAGE TOP