結婚式に使われるブーケの種類

結婚式と言えば、2人を華やかな演出でお祝いする式ですが、そんな席で活躍してくれるのが、お花の存在です。色とりどりのお花が至る所に飾られています。花嫁さんの手元もブーケで彩られていますが、生花だけでなく、記念に残して置きたいと考える方の為に、造花で作られている物もあります。基本的な形の種類はキャスケード、ラウンド、クレッセント、クラッチ、アーム、ボール、バック、とあります。丸い形から、縦長の物、大きさも大小様々です。シンプルな物からゴージャスな物までお好みに応じて作ることが出来ますので、ドレスや式場に合わせたデザインの物で、結婚式に欠かせない物です。

結婚式でのブーケの種類

結婚式でのブーケにもさまざまな種類があります。衣装や式、自分の個性に合わせて選びましょう。・ラウンド型小さめの花をたくさん使い、丸くかたどったブーケです。一番オーソドックスであり、花の種類や色によってイメージを変えることが出来ます。キャスケード型「滝」という名の通り、そのラインは流れるような華麗な美しさがある形です。代表的なものではカサブランカを使ったもので、海外の結婚式では最も一般的な形です。オーバル型ラウンドとキャスケードを足して2で割ったような、楕円形です。大きめの花・動きが出せる葉がとても合います。・アーム型自然な花・茎のラインをそのまま活かして握る、というもので、カラーなどの美しいラインがとても映えます。花数は少なくして全体的に細長くまとめるのがポイントです。

↑PAGE TOP