結婚式でのブーケについて

結婚式で花嫁が必ず持つのがブーケです。花嫁の美しさをより一層引き立てるブーケは生花と造花がありどちらもそれぞれの良さがあります。生花はみずみずしく香り豊かでとても美しいものです。期限があるからこその良さもあります。造花はどの季節にでも好きな種類の花を用意でき、ずっと残る思い出としての良さがあります。そして、どちらも結婚衣装に合わせた色を使うことで、どの衣装に溶け込んだ、主張しすぎず、それでいてワンポイントになるものなのです。お花は人々の心を癒す効果もあります。花嫁はもちろん、ゲストの方々がそのお花を見て心がリラックスするような役割があるのです。

結婚式のブーケの色について

結婚式の花嫁の定番の小物といえば、ブーケです。ブーケは、形や花の色も自分で選びます。 シンプルに白のウェディングドレスに合わせて白にするのもいいですし、お色直しのドレスに合わせる場合もあります。 結婚式の写真にも残るので、ドレスやシーンに合わせるのもいいかもしれません。南国の島でリゾート婚なら、ハイビスカスの花のような南国の花で作るのもいいです。また華道ができる人なら、自分らしい花や形を選んで、自分で作ることもできます。どんな形になっても、主役は花嫁なので、そんな花嫁を一層キレイに引き立ててくれます。

↑PAGE TOP